ページトップへ

完工事例

  • タイプ別
  • すべて

京都バレエ専門学校様耐震補強工事

京都市北区 

耐震補強工事

物件データ

リフォーム箇所 バレエ教室レッスンルーム、外壁、耐震補強
構 造 鉄骨3階建て
築年数 50年
1.2016年08月06日
京都バレエ様の耐震補強工事着工
京都バレエ様の耐震補強工事着工
ようやく京都バレエ様の耐震補強工事が始まりました。安全第一で安心して踊って頂けるよう、しっかり工事させて頂きます。
2.2016年08月07日
バレエ教室 レッスンルーム before
レッスンルーム before
工事前のレッスンルームの様子です。どのように進化するのか改装後が楽しみです。
3.2016年08月08日
仮教室 外観
仮教室 外観
工事中は大改装のため、仮教室をご用意しました。仮教室とはいえ、レッスンルームはバレエ専用の床に改装いたしました。
4.2016年08月09日
仮教室 バレエレッスンルーム床改装
仮教室 バレエレッスンルーム床改装
工事中はこちらでレッスンを受けて頂きます。少し天井が低くてご不便お掛けいたします。
5.2016年10月20日
京都バレエ様の耐震補強工事も着々と進んできました。
京都バレエ様の耐震補強工事も着々と進んできました。
鉄骨の補強といえば一般的にはブレース(筋交い)ですが、今回は内部空間を最大限利用したいので、短辺方向はマンサード型(腰折れ屋根型)となりました。ちなみに「マンサード」とは、フランスの建築家マンサールが考案した屋根のことです。(上部が緩勾配で下部が急勾配の屋根形状のことで、腰折れ屋根とも言います。)

完成は12月末ですが、くれぐれも安全第一で作業をお願いします。
6.2016年11月20日
現在、外壁タイルの施工中です。
現在、外壁タイルの施工中です。
残念ながら、シートがめくれるまでもうしばらくお待ちください。どう見ても、リフォームの現場に見えませんね。
7.2016年11月20日
1Fは、クロス下地のプラスターボード貼り中です。
1Fは、クロス下地のプラスターボード貼り中です。
マンサードの取り合いが難しそうです。天井が高いので作業が大変です。
8.2016年11月21日
2Fは、クロス下地のパテ埋め中です。
2Fは、クロス下地のパテ埋め中です。
補強した感が出てますでしょうか? ん・・・
最終、どんな仕上がりになるのか楽しみです。

もう少しです。作業員のみなさま、安全第一にてよろしくお願い致します。
9.2016年11月22日
2階床木工事
2階床木工事
防音・断熱効果のあるクッションシートをはり、
床材を施工していきます。
断熱効果がありますので、足元も暖かくなります。
10.2016年12月23日
京都バレエ様の耐震補強工事が完成しました
京都バレエ様の耐震補強工事が完成しました
外観は、タイルを貼って重厚感を出して頂きました。
11.2016年12月23日
1階のレッスン室はこんな感じに仕上がりました。
1階のレッスン室はこんな感じに仕上がりました。
補強部材がちょっとしたアクセントになりました。
12.2016年12月24日
2階のレッスン室
2階のレッスン室
2階のレッスン室は、教室も取り込んだので広くなりました。マンサードもうまく納まりました。
13.2016年12月25日
3階の教室にも補強の名残があります。
3階の教室にも補強の名残があります。
何とか工期に間に合いました。
新学期からこちらの校舎で安心して学んで頂けそうです。

京都バレエ専門学校のみなさま、長い間ご協力いただきましてありがとうございました。
今後ともよろしくお願い致します。

スケジュール

工事期間 約5ヶ月