ページトップへ

自然素材を使った安心安全な住まい

自然素材を楽しむ家づくり

自然と共に心地よく暮らすためのリフォーム

素材からこだわりぬいてカタチにした「五感が喜ぶ住まい」のリフォームをご提案致します。

無垢の木と自然素材の家とは?

家づくりで使用する素材は、お家の空気をつくりだし、直接肌に触れる機会も多いもの。だからこそ、自然素材を活用した安全で快適な住まいをご提案いたします。

 ▼自然素材の種類

壁に使える自然素材
床に使える自然素材
木にやさしい植物性塗料
京都府内産材へのこだわり

 

 

壁に使える調湿性にすぐれた自然素材

珪藻土

海や湖などに生息していた単細胞のプランクトンの死骸が堆積して出来た土層から採種されます。多孔であることから、吸放出性能があり、室内の有害化学物質やニオイを浄化したり、室内の調湿、断熱、防音、防火などの効果も発揮します。
◎夏は湿気を吸い取り、
冬は水分を放出して乾燥をやわらげます。
◎石膏ボードとの組み合わせにより、
結露が発生しにくくなります。
◎空気中の悪臭成分を
吸着しますので消臭効果があります。
◎漆喰と比べるとやわらかな
印象の空間に仕上がります。


 漆喰

 消石灰に海藻湖、すさ(麻やワラなどの長繊維)、を足して練り合わせた材料を使います。空気中の炭酸ガスと結合して、元の石灰石と同じ組成に戻り、硬い壁をつくり出します。空気中の、炭酸ガスと結合して、元の石灰岩同じ組成に戻り、硬い壁をつくり出します。吸放湿性に優れ、湿度を調整し、室内に湿気をためこみません。
◎漆喰はモダンな印象があります。
真っ白で光沢があります。
◎珪藻土と比較すると漆喰の塗り壁のほうが
コストを安く出来ます。
漆喰を使用した事例


 タイル

 

タイルは天然の粘土や石英、長石などを原料とし、薄板状に焼いた多角形陶磁器製品の総称です。
寸法精度に優れ、大きさや色柄も豊富です。


床に使える自然素材

無垢フローリング

自然素材の温かみがあり、肌触りの良いフローリングは多くの人に愛される建材です。一般的に広葉樹は硬く、針葉樹は柔らかい、という特徴があります。無垢フローリングは、一層の木材板から出来ています。経年するとより深い色に変化していきます。木の目の豊かな魅力のきわだつ空間を実現します。

 

▼スタッフブログ

▼フォトギャラリー

 


木にやさしい植物性塗料

  

かんたんなケアで木質無垢塗装フローリングを
いつまでも美しく原料の植物油をはじめ、植物ワックスや顔料は、
食品などに使用されるものと同じレベルの安全性があります。
木の呼吸を妨げず、その特性を活かす木に優しい自然塗料です。
さまざまな木質無塗装フローリングに使用すると、
揮発性、防汚性を付与、特に表面の耐久性を向上させます。

メンテナンスも簡単です。


京都府内産材へのこだわり

[府内産木材]京都府産の木材を使って京都の家を建てる。
人と環境にやさしい地元産の木の家づくり

みなさんは、地元産の木を使って家を作ることが、森にも人にも地球にも、とてもやさしいことをご存知ですか? 森林には、地球温暖化の原因にもなる二酸化炭素の吸収・固定化や雨水を貯蔵するダム機能、空気の浄化や生物多様性の保存などの機能があります。実は地元産の木を活用して家を建てることが、これらの森林の機能を維持するための費用を生み出し、ひいては森や地球を元気にすることにつながっているのです。

▼専用webサイトへ

「府内産木材」を用いたモデルハウス 都大路家づくり広場

 

地元産の木の家づくり