現場レポート

タイプ別|すべて

省エネ・耐震全面スケルトンリフォーム

京都市山科区S様邸

1.2018年10月28日
鋼製束
土台敷き工事

土台を基礎の上に敷き込みます。大引きは鋼製束(写真に見えている銀色の棒のようなもの)で支えます。木製の束は乾燥でやせて短くなることもあります。鋼製束はサビやシロアリにも強く、木製束に比べて調整が容易です。

2.2018年10月26日
基礎工事
基礎工事

防湿シートを床下の土壌面にすきまなくきれいに敷き込みました。
【防湿シートとは】床下から上がってくる湿気を防ぎ、木材部分の腐敗を防ぎます。

3.2018年09月29日
解体工事
解体工事

全面改装のためスケルトン(建物の骨格)状態にしました。
解体工事の流れは[工事前]家具の撤去、ご近所への挨拶[工事中]建物外部・内部を解体→残置ゴミの撤去の流れです。期間は約2週間かかりました。

4.2018年02月10日
before
現場レポートスタート

S様この度は現場レポートにご協力頂き誠にありがとうございます。
築年数は約60年の二階建て木造住宅です。
通風・採光に恵まれた敷地環境でもあり南側の庭に面したLDKは3匹の猫ちゃん達にとっても冬でもぽかぽか日向ぼっこに最適です。
省エネ・耐震改修工事も施しますのでより快適で安全な住環境が整います。
どのようなお住まいになるのか楽しみですね。

タイプ別 - すべて にある

その他の現場レポート

ページトップへ