スタッフブログ

堀田 郁代 自己紹介

北白川の花の家さま広場パワーアップ了(途中?)

2021年の冬に、北白川で 認知症のあるお年寄りの尊厳を大切にしながら最後まで寂しくない生活を愉しんでいただくというユニークな理念の元頑張っておられる日本いのちの花協会さまの北白川の花の家 別館ホールをリノベーションさせて頂きました。ホールの名前はストーム、左手の建物の1階会議室的なホールは小ストーム、そして右手の本館。。春になると桜の花が印象的なお庭に ちょっと目をひく文房具みたいな看板で、御存知頂いている方もいらっしゃるかも?

 一連の工事は、先日二代目の代表に就任された西原様のコンセプトのもと、ひとつひとつ 形になってきているもの。はじめ、何故ホールの名前がストームなのだろう、と不思議だったのですが、昨年末に開催された食にフォーカスした保育園さんとのコラボイベントで掲示された言葉に腹落ちしました、

曰く「次々に前代未聞の試行錯誤をする花の家に、ご利用者のご家族が「トライアンドエラーでやってみるしかないですね」と言ってくださいました。こうしてストームの展示をすることも毎回トライ&エラーです。ここで共に展示する福祉事業、本来社会機能の存続のためにまっさきに全力投資すべきはずの乳幼児の手厚い保育は嵐の中でどこへ行くのか、手を離さないでつかんで、守るための脱出口を探していきたい、」 引用が長くなりましたが、福祉に向き合う現場はさながら嵐の中。進む方向を見据えて手探りで答えを探す場所でもあるのか、と。個人的な腑落ちですが。。

合わせて工事させて頂いた広場にある カラフルな石ころも、新代表のこだわりのカラー。実は、半透明の一個が紛れているのはあまりご存じないかも・・・クリスマス前後にはこういう顔も見せてました。。

そして、奥のブルーシートは乳幼児様用の「滑り台」。

滑り台を施工させて頂いたのは初めてでしたが、面白い体験でもありました。写真撮った日の天気がいまいちで 色の楽しさがあまり伝わらないかも ですが。。 今後も展示イベントは断続的に企画されるでしょう。嵐のような福祉の現場からの発信はちょっとした発見に満ちたものになるはず、開催時は全力の掲示物で告知されると思います。 お見掛けの際は是非お立ち寄りください。

記事一覧

1ページ (全177ページ中)

ページトップへ