スタッフブログ

津田 光庸 自己紹介

屋根葺替工事

梅雨明けも目前に蒸し暑い毎日です…

体調管理にはくれぐれもお気を付けください

 

さて先日完了しました屋根葺替工事のご紹介です。

屋根葺替と申しましても、最近リフォームでは

既存の屋根材を残して上から新しい屋根材を施工する

カバー工法が主流です。

ただし、既存の屋根材が瓦などではないカラーベスト等で

ある場合に限りますが、屋根材の撤去処分などの費用も

不要で全体的にコストも抑えられるメリットがございます。

 

まわりくどい説明をしましたが、今回は上記ではなく…笑

完全に古い屋根材を撤去し葺き替えるという工事でした。

完全に古い屋根材を撤去し葺き替えるという工事でした。

既存はモニエル瓦というセメント瓦の一種である屋根材でした。

 一見まだまだ問題がないように思えますが、ひび割れや、カビ・コケの発生などがしており、

セメント瓦の特性上、水分を含むとどんどん傷んでしまうことに繋がります。

10数年前に塗装させていただいたのですが、それもだんだんと色あせし、

塗膜も悪くなってきておりましたので、とうとう葺き替えることになりました。

 屋根の勾配がきついため、安全対策として屋根足場も組みます。

 屋根の勾配がきついため、安全対策として屋根足場も組みます。

撤去してみると、ところどころ下地にも水が浸入したあとや、

撤去してみると、ところどころ下地にも水が浸入したあとや、

谷部分の銅板にも小さな穴がありました

撤去した後、防水のシートでもあるルーフィングを施工後 

撤去した後、防水のシートでもあるルーフィングを施工後

屋根を固定するための桟を施工していきます

屋根を固定するための桟を施工していきます

梅雨中の施工のため、施工途中の雨養生をしながら

施工を進めていきます

毎日、天気予報を確認しながらハラハラの毎日です…

毎日、天気予報を確認しながらハラハラの毎日です…

残すところは棟部分の施工のみ

 

社内検査を受け、足場撤去

社内検査を受け、足場撤去

ようやく完了です!

高級感のあるフラットな形状の瓦、スマートな形状の屋根で

建物も引き締まりお施主様にも大変ご満足いただけました

 
京都でリフォーム・リノベーションするならデザオ建設にお任せください

開催中のイベントの様子やスタッフブログからの気になる情報をFacebook公式アカウントにて随時配信!

 

色や空間・空気感など、お届けしたい「シーン」の見えるカットを集めていきます。

 

デザオ建設の家づくりがわかる資料はこちら。

 

記事一覧

1ページ (全180ページ中)

ページトップへ