スタッフブログ

最先端の耐震補強&バーチャル空間

山本敬代 自己紹介

皆様こんにちは!

急に肌寒くなり風邪気味の方がちらほら増え始めました

私も早めの風邪予防そろそろ始めようかと思っています

 

さて、10/1(日)ナイス(株)(木材市場を運営

/住宅資材の卸売)主催の

「住まいの耐震博覧会・木と住まいの大博覧会」

へ行って参りました

私たち業者向けのブースだけではなく一般のお客様にも

勉強しながら楽しめる催しも多く大盛況

模型で耐震補強を施した家とそうでない家が

地震が来た時、家の形状・構造により、どのようにして

倒壊する・しないの違いが出るか目で見て実感したり

トラックで運ばれてきた実寸大の家に入って地震を体感

出来たりと大がかりなものもあり賑わっておりました

私たちは主に各メーカーが持つ様々な耐震補強の

工法・技術・商品を見学

実際に採用しているものも含め新たに検討する

方向性のあるものを見据えて勉強して参りました

建物内部からは床・天井を壊さずに工事できる補強方法

既存の外壁の上からでも出来る補強方法(住みながらが可能)

壁の強さを維持しつつ地震の振動エネルギーを吸収し

揺れを約50%に軽減できる制震装置

耐力壁が少なく窓などの開口部が多い家は地震発生時

どうしても建物が大きくねじれやすくなり倒壊に繋がります

それを防止するための耐震開口フレーム  等々。。。

いろいろ書きましたが耐震リフォームでは建物の特徴・形状

に合わせて工法を選択出来るよう様々な方法を

取りそろえて対応させて頂きますので是非ご相談下さいませ

 

話しかわり、面白いブースがありました!

私たち設計は普段、建築専用のCADで図面を描いているのですが

そのCADの会社がこの度新たに

「バーチャル空間体験システム」なるものを開発商品化され

 会場では体験デモ機にて紹介されておりました

 このような3Dで作られたプランの中に入って行き

等身大でバーチャル空間を把握出来るという画期的なもの

自らの目線・動きに連動したVR体験が出来るので実生活を

想定したスケール感が手に取るように分かります

 T設計士 只今バーチャルハウス内を探索中

頭と両手の装置がパソコンと繋がってます

それぞれ手に持つ装置はドアを開けたり壁を触って

素材を替えたりできます

 イエーイ!(2階の吹抜から飛び降りたそうです)

得意気です (^^;)

思いのほか楽しかったようです

 

様々な体験・勉強が出来た一日となりました

皆様のお役に立てるよう日々努めて参りたいと思います

記事一覧

1ページ (全102ページ中)

ページトップへ