スタッフブログ

断熱リフォームで快適に!

津田 光庸 自己紹介

みなさま、こんにちは。

とにかく暑い毎日、みなさま体調はいかがでしょうか。

灼熱の毎日、現場では着々と工事を進めておりますが、

職人さんはもちろんんこと監督にも頭が下がります。

 

さて、現在工事進行中のお宅のご紹介です。

閑静な住宅街の、風も日差しも遮るモノのない環境の良いお宅。

そして大空間のリビング・・・。

こちらのお客様のご相談内容は、

冬とにかく寒いので、どうにかして欲しいとのことでした。

突き出るように配置されたLDKは3方が外壁で、

大きな開口部は、単板ガラス仕様の窓サッシ。

 

断熱計画を十分に考慮し、ようやく解体。

すると、壁・床どころか屋根にも断熱材が

入っておりませんでした。それは寒いはずです。

 

住宅の冬に流出する熱の割合については、

窓等開口部から52%、屋根・外壁・床等から33%、

その他15%は換気等といわれています。

その85%についてが、未対策ということです。

また、熱の流出だけでなく、そこに住まう人の体感温度は、

壁や床面の表面温度によって大きく変わります。

快適な住まいには断熱が必須です。

 

今回は、天井・壁・床をきっちりと断熱材を充填し、

室内をすっぽりと覆います。

また、開口部には、既存の窓の内側に

樹脂窓(高断熱複層ガラス)を取り付け、二重窓とします。

そして、メイン暖房として床暖房を全面敷設。

 

冬に喜んで頂けるお客様の笑顔を想像すると

楽しみでなりません。

断熱リフォームは決して全面リフォームをしないと

出来ないわけではありません。

今回のように、水廻りリフォームや耐震リフォームなどの

ついでに住まいを断熱化する「断熱リフォーム」。

住みやすさがグッと向上します。

 

寒い冬にお困りのみなさま、

冬に向けてご計画はお早めに・・・。

記事一覧

1ページ (全121ページ中)

ページトップへ