スタッフブログ

青いリンゴであれ

中西淳治 自己紹介
2019/02/08(金) 日々のこと中西 淳治

こんにちは!リフォームショップ山科店の中西です。

まだまだ寒い日が続きますが、みなさまお元気でお過ごしでしょうか?

 

先日、人生ではじめて入院して大腸ポリープの切除手術をしてきました。

細胞検査の結果は、「若年性ポリープ」ということで、

ガン化の恐れはないとのことでした。

これでひと安心。やっと仕事に集中できそうです。

 

また先月には、東京国際フォーラムにて行われた木耐協の全国大会に参加してきました。

 

中でも、建築家の安藤忠雄さんの講演が一番印象的でした。

がんで内臓を5つ摘出したけれど、前をむいて生きていれば何とかなると聞いて、

大変勇気をもらいました。ポリープで悩んでいた自分が大変小さく見えました。

 

他にもいろいろとためになるお話がありましたが、

特に「リンゴはいつまでも青くなければならない。」

「私はいつまでも青い方がいい、成熟しないでいたい。」

というところに大変感銘を受けました。

いつも忘れないように、安藤さんの事務所には青いリンゴの写真が飾ってあるそうです。

 

また、小さい頃、本を読んでいなかったことをハンディキャップに感じておられ、

今でも生涯勉強しなければならないと思っておられます。

一日、12,000歩を歩いて、4時間は本を読んでおられるそうです。

 

 あと、「仕事は楽しくしないといけない」「人生は楽しく働けるかどうか」

「建築ほどおもしろいものはない」と云われていたところに原点を見たように思います。

次の世代につながる建築をつくりたい。命ある限り建物をつくりたいそうです。

現在77歳ですが、「あと20年は現役で頑張る」とおっしゃっていました。

 

久し振りに建築に対する熱いエネルギーを注入していただきました。

 やっぱり建築家、安藤忠雄さんは半端なくすごい方でした。

 

 

 

記事一覧

1ページ (全112ページ中)

ページトップへ