スタッフブログ

すまいの補助金 ~耐震リフォーム補助金 編~

板東護 自己紹介

ゴールデンウィークも後半戦、いかがお過ごしですか。

高速道路をはじめとして道路は大渋滞!!

皆様、事故にはご注意下さいませ。

 

さて、前回のブログでもご案内したとおり、今年度も京都市の住まいの補助金制度の申請受付が始まっています。

今回は『耐震リフォーム補助金』についてのお話です。

京都市では、以前より『木造住宅耐震改修助成』ということで、耐震改修を行う住まいに対し補助制度を行ってまいりました。

 

対象は、昭和56年5月31日以前の旧耐震基準で建てられた木造住宅です。

その住宅を対象に、補助金でサポートをしてきましたが、今年はその金額が変わることになりました。

木造住宅で最大150万円、京町家等で最大300万円と設定されています。

 

 以下が今年度の耐震改修のメニューです。

 

過去に行った補助金対象となった工事の一例としては、

耐震診断・補強案を計画した上で耐震金物にて壁面補強をしたり、

 

土葺きの瓦屋根の土を下ろし、構造用合板を張った上で軽い屋根材にするなど・・・

同じ京都市内でも建物の状態やお住まいの地区によって、補助対象となるメニューが変わってきます。

昨年度に比べて補助金額が上がったメニューもあり、より耐震改修リフォームがしやすい環境が整ってきました。

 

しかし、京都市には、旧耐震基準で建てられた家がまだまだ多く建っています。

『古くなったら、新しくする』 この姿勢はとても良いことだと思います。

ですが、長年暮らしてきた家に残る記録や楽しい思い出までも、解体してしまいます。

今回は『耐震リフォームで住まいを守るための助成金』のご紹介をいたしました。

大切な思い出の残る家をそのままにしながら、大きな震災にも耐えられるよう変えていくことができます。

これによって、いままでと同じ生活を、さらに安心で便利な生活を送るリフォームをしませんか。

 

お住まいの耐震リフォームについて、是非デザオ建設までご相談下さい

 

お困りごとを解決!リフォームQ&Aページはこちら

記事一覧

1ページ (全120ページ中)

ページトップへ