スタッフブログ

介護保険工事もお任せください

板東護 自己紹介

住宅のリフォームにはいろいろな目的がありますが、今回は『介護保険住宅改修』についてです。

 

動きにくくなった身体でも、住みやすい住宅に改修するための費用には介護保険が使える場合があります。

支出される上限は20万円です。

そして、介護保険による住宅改修は、自己負担が1割です。

つまり、上限いっぱいの20万円の改修を行なっても、自己負担額は2万円ですみます。

申請にはいろいろな手続が必要ですが、デザオ建設では手続きも代行しております。

毎日の生活を快適にするための制度ですから、必要な場合には積極的に利用して頂く事をお薦めします。

 

主には、 

■手すりの取付け 段差の解消

■滑りの防止及び移動の円滑化等のための床又は通路面の材料の変更

■引き戸等への扉の取替え(扉の撤去を含む)

■洋式便器等への便器の取替え

■その他上記に付帯する必要な工事

という工事内容が対象となり、ご利用条件が他にもいくつかございますので詳しくは弊社までお問い合わせ下さい。

 (※条件などは市区町村によって異なる場合がございます。)

 

実際、最近おこなった工事事例のご紹介です。

新築マンションを購入され、ご入居に合わせて手摺りの取付けをおこないました。

 

(浴室手摺り) 上:工事前 下:工事後

 

(トイレ手摺り) 上:工事前 下:工事後

 

(玄関手摺り) 上:工事前 下:工事後

 

 

住宅改修業者によっては、支給上限額があることや事前申請が必要なことを説明せずに「介護保険で全部できますよ」などと

セールスし、契約後に支給対象とならないことが発覚する等のトラブルも全国的に発生していると聞きます。

住宅改修費は皆さんが納めている保険料から支出されます。

本当に必要な改修なのか、自分の身体に合った改修なのか、適正な価格なのかを見定めて進めましょう。

 

介護保険住宅改修の他にも、お身体の具合によってご利用頂ける制度もございます。

バリアフリーの住宅改修でお悩み・お困りの方は是非、デザオ建設にお任せ下さい。

 

 

画像

開催中のイベントの様子やスタッフブログからの気になる情報をFacebook公式アカウントにて随時配信!

 

画像

色や空間・空気感など、お届けしたい「シーン」の見えるカットを集めていきます。

 

画像

デザオ建設の家づくりがわかる資料はこちら。

 

記事一覧

1ページ (全118ページ中)

ページトップへ