スタッフブログ

読みました。

2013/11/30(土) 日々のこと

今日は11月も最後の日。

明日からは師走となります。

本当に月日が経つのが早いですね。

いろいろな事を考えすぎるので、メモリー不足を感じます。

「マリアビートル」

テントウ虫を例えに、東北新幹線の中でついてない殺し屋の物語。

その殺し屋とそれ以上に怖い中学生、そして刺客大勢の登場で

あきる事がありませんでしたがもうすこし優しい方がよいな。

初めて読んだ作者でした。

これも中学生を卒業した女の子が、突然の不幸に見舞われ身も知らない人に

世話になりながら、けなげに?生きていく物語。

すこし無理がある話でしたが、作者の優しい文章は好きになりました。

有川浩の「塩の街」での比喩がでてきて、うれしいようなどちらが先に考えたのか

そちらのイマジネーションが膨らみました。

「坐ればわかる」の題名の通り、禅の考えや方法をやさしく、おもしろく

書いた本でした。

頭の重さを感じつつ、体の構造を教えてくれるところがおもしろく感じ、実際に

やるとその通りでした。

また、体にやさしい食べ物の意味が納得でき、少しでも実践をしていきたいと

思います。

この作者は私は大好きです。

もう20年以上もこの作者の本にお世話になっております。

京都新聞の経済天気図のなかで「たんち」の名前でだしておられるのではと

秘かに思っております。

何回も同じ本を買ってしまう作者ですが、不思議に損をした気分にはなりません。

いま読んでいる最中ですが、イマジネーションのひろがり感じさせてくれます。

このごろはちょっとくどいかな?とも感じているのですが・・。

 

 

 

記事一覧|2013年11月

1ページ (全3ページ中)

ページトップへ