スタッフブログ

カーテンいろいろ…。

清水かほり 自己紹介

今日は母の日ですね。

モノも良いけれど何より感謝の気持ちをプレゼント

したいですね。 私の母は5月の誕生日なのでそれと一緒にしようかな。。

と思っております。何が良いか悩みますね。

 

さてもうすぐ着工のK様と先日カーテンの打ち合わせをしました。

長い縁側をもつ伝統的な和の家ですが

選んだ生地はウィリアムモリス。

 

モリスは19世紀イギリスのアーツアンドクラフツ運動の旗手にして

その後のモダンデザインに多大な影響を与えたデザイナーです。 

「美しいと思わないものを家に置いてはならない。」という言葉は

生活に密着するアートを造り出した彼ならではのもの。

今の私たちにとっても普遍的なメッセージです。

少し気を抜くと雑多なものに囲まれてしまいがちですが

本当に必要なもの 美しいと思えるものは何か

選んで置くことが大事。

美しく住まうには覚悟が必要…ということですね。

最近 人気のこんまりさんじゃないですが

ときめかないものはいらないものってことです。。

ちなみにK様邸 この写真の一番上の ‘いちご泥棒’という生地を選択。

 

これはイタリア製のベルベット生地。セカンドリビングの窓に使用します。

こちらも豪華。。 この中間色は輸入ものならでは…。完成が待ち遠しいです==。

 

 

記事一覧|2015年5月

1ページ (全3ページ中)

ページトップへ