スタッフブログ

桜とともに、塗装のシーズン到来!

板東護 自己紹介

京都でも桜の開花が宣言され、ついに春がやってきました。

リフォーム工事においてもこの時期にすべき工事は外部の塗装工事です。

寒かったり暑かったり、梅雨だったり台風があるシーズンの中で、

一番気候が安定するのが3月中~梅雨まで。(あとは秋の台風後くらいです。)

 

私の担当現場、築35年のお住まいでも外壁塗装工事を開始しました。

20年程前に塗装をされたようですが、その後は手を付けていない状態。

クラック(ひび割れ)も多く、触ると白く硬化した塗膜が手に付く状態でした。

この状態になると、雨水を弾く性能が落ち、水が染みこみやすくなります。

 (雨漏れの原因にもなりかねません!)

 

まずは洗浄後、サッシ際やクラック部分にコーキングを打ち替えます。

次に真っ白い塗料を・・・、ではなく下塗り。

既存の外壁と新しい塗料の接着性をアップするものです。

そして、中塗り上塗りと丁寧に塗っていきます。

今回の使用した塗料は、紫外線による劣化に強く、汚れにくいうえ、

防かび機能があったりと優れた塗料です。

3層塗り重ねた外壁を終えると、雨戸や樋、フードカバーなどを塗って完成です。

完成まであと一息。

 

このシーズンに塗装を済ませておけば、梅雨や初秋の台風にも安心です。

ご自宅が気になる方へ簡単なチェック方法をお教えします。

外壁を手で触ってみてください。

白い塗膜が手に付けば、それは塗装を必要としているサインです。

そんな時にはお電話等でお問い合わせください。

雨漏れでお困りになる前に。

無料点検実施中!

お問い合わせはこちら。 

記事一覧|2016年3月

1ページ (全2ページ中)

ページトップへ