スタッフブログ

ブログをご覧の皆様こんにちは

リフォームショップ山科店清水です。

3月も終わりを迎え桜の開花シーズンになりました。

来週は一気に桜も見頃になりそうで、お花見が楽しみですね♪

 

今回は愛犬の為の快適な床について調べてみました。

 

「床の違いが毎日の快適さを大きく変える」

犬と暮らす住まいは、犬目線で眺め、犬の気持ちになって考えることが大切です。

床の近くで、床に触れながら暮らしている

犬が一日の大半を過ごす住まい。特に犬は、床の近くで、床に常に触れながら

暮らしています。床の違いは犬の毎日の快適さに大きく影響します。

どんな床なら人も犬も快適に暮らせるのでしょう...?

犬と暮らす住まいの床でおさえておきたい、3つのポイントをまとめてみました。

Point1

キズや汚れが強く掃除がしやすい床。

室内で犬を飼っていると、走ったり飛び跳ねたり、床を掘ったり、

住宅はどんどんキズつけられます。また抜け毛や糞尿、吐しゃ物などで、汚されることもあります。

キズつきにくく、掃除がしやすい床かどうかは、とても重要です。

Point2

犬の足腰に負担をかける

滑りやすい床は危険です

犬は滑って転んだことがきっかけで椎間板ヘルニアを引き起こしたり、

腰や関節を痛めることも多いので、滑りやすい床は出来るだけ避けたいものです。

フローリングはキズに強く、掃除がしやすい表面仕上げになっていても、

犬の足が滑りやすいものも多いので注意しましょう。

Point3

衝撃を吸収する床のほうが、

ダメージが少なく安心・安全

小型犬の場合、飼い主に抱かれた状態から床に落ちて骨折

することもあります。硬い床よりも衝撃を吸収するクッション性がある

床のほうが、安全性が高く、安心。硬い床で長時間過ごすと人間も

足や関節に負担がかかり、疲れるように、歩行性がソフトな床の

ほうが犬の身体へのダメージが少ないものです。

 

愛犬家住宅の床コーティング剤「AJパーフェクトコート」

床の滑りに関するお悩みが解決できるかもしれません。

是非リフォームショップ山科店に体験しにきて下さいね

スタッフ一同おまちしております(*^_^*)


記事一覧|2016年3月

1ページ (全2ページ中)

ページトップへ