スタッフブログ

次世代住宅ポイント ⑤~家事負担軽減に資する設備~

板東護 自己紹介
2019/10/15(火) 板東 護資金・補助金

さて、いよいよ10月に入り、消費税率が10%に引き上げされました。

今回も増税後の新築・リフォームに対する国の補助金制度の続きです。

 次世代住宅ポイントblog190723_1

 

改めてですが、ご存知ですか? 『次世代住宅ポイント制度』

 次世代住宅ポイント制度とは、消費税率10%への引き上げ後の支援対策として、

一定の性能を有する住宅の新築やリフォームにして、省エネ・環境配慮商品や家事軽減に資する商品、

子育て関連などの商品と交換できるポイントが発行される制度です。

対象となる工事は「環境」、「安全・安心」、「健康長寿・高齢者対応」、「子育て支援・働き方改革」に

資する住宅の新築・リフォームが対象となります。

 

次世代住宅ポイントblog190723_2

 

リフォームの場合(貸家を含む)の場合は最大300,000ポイント、

新築の場合(貸家を除く)は最大350,000ポイントが発行されます。

(※ただし、対象となる工事については、条件・対象工事等規定があります)

 

 

リフォームについては7つの対象工事があり、

今回はそのうちのひとつ、「⑤家事負担軽減に資する設備」をご案内いたします。

 

子育て支援や時短、働き方改革の観点で設けられた「家事負担軽減に資する住宅設備」が対象。

具体的には、消費者にとって比較的身近なアイテムと言える、ビルトイン食器洗機、

掃除しやすいレンジフード、ビルトイン自動調理対応コンロ、浴室乾燥機、掃除しやすいトイレなど。

また、最近話題になっている宅配ボックスも含まれます。

付与されるポイントは9000~1万8000ポイントです。

 

■ビルトイン食器洗機 18,000ポイント/戸

 

対象製品の基準は、電気用品安全法に規定する「電気食器洗機」で、組込型であること。

キッチンキャビネットなどにビルトインされたタイプで、据え置き型の食洗器は含まれない。

各メーカーともに洗浄方式に工夫を施し、除菌やエコ機能など特徴を持たせたタイプも。

ノックするだけ自動全開開する使い勝手を高めた製品もみられます。

 

 

■掃除しやすいレンジフード 9,000ポイント/戸

 

電気用品安全法に規定する「換気扇」で、ファンが「遠心送風機型」であること。

備えられている整流板、グリスフィルター、ファンなどの着脱ができ洗えること、はつ油、親水、

ホーローなどの表面処理を施したものなどが基準となっています。

各メーカーのレンジフードは、上記基準のような工夫を施し、多くがお手入れしやすくなってきています。

長期間掃除の必要ない自動洗浄機能、汚れにくいフィルターや整流板、フィルターそのものがない

タイプなどもみらます。

 

 

■ビルトイン自動調理対応コンロ 12,000ポイント/戸

 

 

基準としては、JIS S2103に規定する「ガスこんろ」又は、電気用品安全法に規定する

「電磁誘導加熱式調理器(IHクッキングヒーター)」のうち組込型のもの。

自動温度調節機能や自動調理機能があること、炊飯機能は必須となっています。

ガスにしろIHにしろ、新しい機器は多機能化が進んでいますが、

わが家の調理スタイルに適したタイプを選ぶことが大切だと思います。

開放的なキッチンプランの場合は、美しさを保つことができるよう、掃除のしやすさも重視したいポイントです。

 

 

■浴室乾燥機 18,000ポイント/戸

 

電気用品安全法に規定する「電気乾燥機」、「換気扇」などで、乾燥運転時に、換気運転と連動し、

温風で浴室内に干された衣類の乾燥を行うもの(浴室天井に設置されるもの)であることなどが

基準となっています。

浴室換気暖房乾燥機の主な機能は、浴室換気・乾燥機能、浴室暖房機能、衣類乾燥機能、涼風機能。

また、ミストサウナ機能、カビ抑制機能、衣類脱臭機能などを持つタイプもみられます。

タイマー設定、温度や湿度を感知し自動運転するなど、使い勝手も高まってきています。

浴室空間の広さや浴室のつくりなどに適したタイプを選ぶことはもちろん、家族構成や入浴スタイル、

洗濯の頻度や量、ランニングコストを含め、トータルに検討することが大切です。

 

 

■掃除しやすいトイレ 18,000ポイント/戸   ※エコ住宅設備の「節水型トイレ」との重複は不可​

 

製品の基準は、節水型のトイレであることが条件で、総高さ700mm以下、もしくは、

背面にキャビネットを備え洗浄タンクを内包している、または、便器ボウル内を除菌する機能を

備えている、以上のいずれかを満たしていることとなっています。

最近のトイレは、いずれも掃除がしやすいタイプが揃っており、便器の素材や表面仕上げ、

形状など各社それぞれに工夫を施しており、水流や勢いなどで洗浄力を高めたもの、

洗剤の泡で汚れを落とすタイプなどもみられます。また、カビ菌や付着菌を除菌するもの、

水に含まれる塩化物イオンを電気分解して作られる除菌成分を含む水で除菌する商品などもあります。

ショールームでは、デザインやサイズだけでなく、実際の水流や掃除のしやすさなどを確認が大切です。

 

 

■宅配ボックス ※住戸専用の場合 10,000ポイント/戸  住戸専用以外の場合 10,000ポイント/ボックス

 

宅配ボックスの基準は、保安性、保管箱の防水性等、保管箱の剛性、錠の施錠強さ等の機械的な抵抗力

及び安定性、使用時の安全性及び保安性、表面の抵抗性、部材の耐食性等の耐久性など、

すべて確保されていることが必要となっています。

宅配ボックスは、不在時に配達される荷物を受け取れ保管できること、再配達の連絡も不要なのがメリット。

また、直接対面ではないためプライバシーやセキュリティ面で安心です。

子育て世帯であれば、赤ちゃんの世話で手が離せない場合などでも使い勝手が良いと評判です。

一戸建て用の宅配ボックスは、エクステリアメーカーなどから多くの商品が提案されていて、

門塀や外壁などに埋め込むタイプや壁掛タイプ、専用のスタンドなどに設置したり機能門柱と

組み合わせるタイプ、据え置きタイプなどがあります。

また、最近では、スマートフォンで荷物の投函や取り出し状況の確認ができる商品などもみられます。

 

 

今回、「家事負担軽減に資する設備」の対象となったアイテムは、いずれも上手に使いこなすことで

家事の効率化を図ることができるものです。しかし、ポイントの対象だからと言って、

むやみに取り入れるのではなく、間取りや、ライフスタイルや家族構成を考慮して選ぶことが大切です。

 

期間限定であるこの制度を活かしてお得にリフォームしませんか。

『次世代住宅ポイント』について、詳しくはデザオ建設までお気軽にお問い合わせください。

記事一覧|2019年10月

1ページ (全2ページ中)

ページトップへ